フリービット 容量

TONEモバイル(フリービット) 本体の容量は?

格安スマホ、フリービット(TONEモバイル)をしばらく使っていると、とある問題点が発覚しました!

何枚か写真を撮っていたら、「内部ストレージが足りません」 となり、撮影不能に・・・


新しいアプリをインストールしようとしたら、同じく 「内部ストレージが足りません」となり、ダウンロード不能に・・・


メカ音痴の私、「内部ストレージって何?

早速オンラインサポートに電話して、発覚したTONEモバイル(フリービット)の致命的なデメリット・・・

本体容量はたったの3GB!

つまり、容量がイッパイになって、なにもできなくなっていたんです。

ポイントでも大丈夫♪


 

サポートの人にその場で教えてもらって、いらないものを削除したりして
ようやく写真もまた写せるようになりました。


とはいえ、3GBって少なすぎますね。
数枚写真を撮ったら、またもとの木阿弥です。

ポイントでも大丈夫♪


 

マイクロSDカードを追加しちゃえばいいんです。
マイクロCSカードなんて、1500円ほどとで32GBとか買えちゃいますから。


とはいえ、マイクロCSカードを入れて、そっちにデータが入るようにするにはちゃんと設定しなきゃいけませんが、これもやっぱりサポートに電話して問題解決♪
たった1500円ほどの追加投資で、楽々解決しました♪

と、これはTONEの前のフリービット Pandaの時代の話です。
今はそれから2世代進んで、現行機種は「m15」
容量は「3GB⇒16GB」になっていますので、全く心配ありません!
カメラの性能もよくなって、ばっちり!

TONEモバイル 詳細はこちら